東京都豊島区目白 目白ポセンシアクリニック 美容整形,二重,目頭切開

目白ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

仕上がりを良くする二重の手術の麻酔法

仕上がりを良くする二重の手術の麻酔法

目白ポセンシアクリニックでは、二重の手術の麻酔法として、通常、冷却、点眼、局所麻酔を行っています。

冷却というのは、あまり他のクリニックでは行われていませんが、手術直前に氷で冷やすことにより、腫れや内出血、痛みを軽減させることができます。
(ただし、脂肪を取る場合は冷やすことにより脂肪が奥に隠れてしまうことがあるので、冷却せず行う場合があります)

そして、点眼(目薬)での麻酔、細い注射針を使った局所麻酔を行います。
麻酔薬自体も、沁(し)しみて痛みを感じる方がいらっしゃいますので、目白ポセンシアでは、麻酔薬に痛みを和らげる薬を混ぜ、出来る限り痛みが少なくなるようにしています。

多くの方から、「あまり痛くなかった」「全然、痛くなかった」と、おっしゃっていただいています。

カウンセリング時に、笑気麻酔や静脈麻酔、全身麻酔といった意識をなくす方法をご希望される方がいらっしゃいますので、ここでは、これらの麻酔法についてコメントしておきます。

これらの麻酔は、意識をなくして、患者様の手術時の恐怖感を軽減するものです。

しかし、二重の手術というのは、目を開けてもらって形を確認しなければ仕上がりが分かりません。
目白ポセンシアクリニックで手術をお受けになるとお分かりになられますが、手術中に何度も目を開けたり閉じたりしてもらい、仕上がりを確認しながら行っています。

最も簡単と言われている埋没法にしても、わずかの糸の留める位置や糸を縛る強さで仕上がりが違ってくることがあります。

単にまぶたにペンで印(マーキング)をつけて、そこに糸で縫って終わりという単純なものではないのです。
(そのようなレベルの低い手術をされている先生はたくさんいらっしゃいますが、本当に良い仕上がりにしようと思えば、そのような単純なものではないのです)

手術中、何度も目を開けたり閉じたりしてもらって、術者として仕上がりに納得がいかなければ、その場で糸の留める位置をずらしてみたり、糸を縛る強さを変えてみたり、工夫をしています。

必要があれば、患者様に手術中仕上げを見てご確認いただく場合もありますし、手術が終われば、必ずその場で鏡をお見せしてご確認いただいています。

そのようにして、はじめて、多くの患者様からご好評いただいているような目白ポセンシアの仕上がりがきれいな埋没法が完成するのです。

最も簡単と言われる埋没法でさえ、これだけ奥が深いのですから、切開法ならもっと奥が深くなります。
手術中の確認は不可欠となります。

笑気麻酔や静脈麻酔、全身麻酔といった方法では、患者様の意識がないので目を開けたり閉じたりしていただくことが出来ず、手術中に仕上がりを確認することが出来ません。

良い仕上がりにすることは絶対に出来ないと断言できます。

これまでも、他院修正に来られた患者様から、他院で手術を受けた時に、眠っている間に手術をされ、起きたらもう終わっていたので、文句も言えなかったと何人もの方からお話を聞いております。

本来局所麻酔で行われるべき二重の手術での、笑気麻酔や静脈麻酔、全身麻酔といった類は、患者様の恐怖心を利用した集客のための方便でしかありません。
良い仕上がりにしたいと思われているなら、簡単に安易な方法に飛びつかないようにして下さい。

患者様の声

32歳 女性 埋没法の抜糸 石川県よりご来院

他院の抜糸をして頂きました。

痛みに敏感なので静脈麻酔の希望でしたが、「5万も払うの勿体無い」と局所麻酔を進められました。

不安と恐怖でいっぱいでしたが、永久先生の麻酔は本当に痛くなくて術中も安心してお任せする事が出来ました。

いろんなクリニックで施術して来ましたが、こんなに落ち着いた気持ちで終われたのは初めてでした。抜糸だけでしたが、永久先生の痛みの感じない施術にただただ感心するばかりでした。


麻酔法コラム

 

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック