東京都豊島区目白 目白ポセンシアクリニック 美容整形,二重,目頭切開

目白ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
目白ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

美容整形外科医の言うことを理解しない患者様

公開日:2017.07.16

本日は男性患者様の全切開法の手術がありました。
カウンセリングでは平行型にしたいとのことでしたが、全体の顔の雰囲気から平行型は似合わないので末広型にしてはどうかと提案したところ、「お任せします」とのことでした。

当院ではいくら腫れが少ないとはいえ、全切開法です。
術直後はシュミレーションの時の2倍近い幅になりました。
その方が望んでいた平行型にしたら、きっとそんな感じになっていたことでしょう。
術後のミラーチェックをすると、
「別人みたいになった」と驚かれていました。

術前も予定線での二重をシュミレーションしてミラーチェックしていただいています。
それでも、このようにお任せしますとおっしゃるタイプの方は男性・女性問わず、思っているのと違うとか、この部分は違うなど、後から言ってくる方が多いです。
そのため、まったく他人依存型でお任せしますと言ってこられる患者様には、「お任せしますとおっしゃる方ほど後から違うと言って来られるので、ご自身で決めて下さい」と患者様に決めていただくようにしています。

このタイプの方は、きっと自分で責任を取る、リスクを取ることが苦手なのだと思います。
他人任せにする生き方は現実社会でも損をしますし、美容整形の世界では特にご自身の望まない結果になりやすいので、少しずつでも他人任せにするのでなく自分で意思決定し、自分でリスクを負う訓練をされることをお勧めします。

この患者様はとても性格の良い方だったので、お任せしますとおっしゃっても大丈夫だと思ったのですが、私の見込み違いでした。
ただし、末広型に作っているので、不自然な仕上がりになることはなく、腫れが落ち着いてくれば見慣れてくることもあり、問題なくイケメンに変身されると予想しています。

これとは逆に、まったく私の言うことを聞かず、自己主張ばかりしてくる患者様もいらっしゃいます。

最近も、目頭切開のカウンセリングで私がそのご希望の形にはできませんと申し上げているのに何度もこうしたいと同じことを繰り返す患者様がいらっしゃいました。

さすがに5度目に同じことを言ってこられた時は、
「その形にはできません。何度もできないと言ってます。できないものはできません」と強くお伝えしました。

すると、涙を流しながら、
「私は何も知識がないから聞いているのです。
できないものを無理にやってくれとは言ってないでしょう。
できるかどうか聞いているだけです。
私は先生が優しいと思ったからカウンセリングに来たのにどうしてそんなに強く言うのですか」
と非難されました。

言ってることが無茶苦茶です。
知識がないから聞いているのであれば、できないと言われたら素直にできないのだと受け止めれば良いだけです。
プロの意見を覆して何度も聞いてきて、優しくしてくれとか、聞いているだけだは通じません。

言ってることが無茶苦茶でも一応相手が患者様ということで、その場で謝罪しました。
それと同時に、できないことはできませんとはっきりとお伝えしました。

話し合いにならないので、目頭切開など切開系の手術はと当院では引き受けられません、やり直したり、元へ戻したりできる埋没法なら引き受けますと伝えて、二重の説明の動画を観てもらいましたが、動画の途中で帰ってしまわれました。

こういったタイプの患者様に手術を行ってもトラブルになるだけなので、帰ってもらって全然問題はないのですが、その患者様も私もお互い後味が悪い終わり方をしたことが残念でした。

きっとどこかのクリニックに相談に行き、できないことなのにここのクリニックならできるなどの甘い言葉につられて手術を申し込み、ひどい目に遭うことでしょう。

医学的にできないことをできますかと何度もゴリ押しをしてきた相手が悪いと決めつけて簡単に片づけることはできます。
しかし、それで片づけてしまっては、自分自身の進歩はありません。
同じタイプの患者様が来られれば、同じパターンでお互い嫌な思いをして終わっていくことを繰り返すことになるでしょう。

その日の夜、業務が終わってから私は瞑想を行いました。
自分の立場からは、上記に書いたようになるのですが、瞑想状態に入って相手の立場から、相手の気持ちになってもう一度その時の体験をしていきます。

ああ、あの患者様は私を信用してくれていたからこそ、できないと言われてもこの先生なら何とかしてくれるのではないかと思い、何度も聞いてきてくれたのだな。
それをなぜこれだけ繰り返し言ってるのに受け入れてくれないのだと相手の理解力のなさを責めた自分は患者様の気持ちを十分理解していなかったのだなと反省しました。

次に同じようなパターンになった時は、少しでも進歩して同じ過ちを繰り返さないようにしたいものです。

カテゴリー: ,

 

 

 

 

 

 

 

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニック