東京都豊島区目白 ポセンシアクリニック 美容整形,二重,目頭切開

ポセンシアクリニック-自然に、美しく-
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
ポセンシアクリニック 自然に、美しく。
 

かわいい孫のために頑張っておられるお祖母様 ~クイックコスメティークの抜糸とプレミアムシークレット埋没法でのやり直し~

公開日:2018.08.24

夏休みになり、手術件数が多くなっているためなのか、クイックコスメティークの抜糸が当院では増えています。

昨日、クリニックに電話がかかってきました。
スタッフが患者様対応だったため私が出ると、埋没法の抜糸の相談にのって欲しい、今渋谷にいるのですぐ行きますとのことでした。

20歳くらいの女性がお祖母様とご来院されました。
6日前にクイックコスメティークを受け、家族じゅうから非難されるのですぐ抜糸をして欲しいと手術を受けたクリニックに行ったが対応してもらえなかったとのことでした。

通常、様子を見るようにとしか言われないことがほとんどです。
時間がないので、すぐに抜糸をしてやり直して欲しいとおっしゃいました。

埋没法のやり直しは、二重の幅を広くしたいとか、ラインが薄くなってきたので現在のラインのままで固定だけすれば良いという場合は問題なくすぐできますが、幅を狭くしたいという場合は、2段階に分けて行うことをお勧めしています。

糸をはずしても、ラインが消えてくれるかどうかは不確実です。
ラインが消えない場合はいくら下に留めても上のラインのままになってしまうことがあるので、せっかくの手術が無駄になる可能性があります。
ラインが消えるのを待ってから二重の手術を行った方が確実です。

また、すぐに二重の手術を行うと、デザインも不正確になります。
二重のシュミレーションを行うのに、ブジーという道具でまぶたを押さえて二重をつくりますが、いくら下のラインで押さえても、上に糸がある場合は、上のラインでしか二重ができません。
だいたいこんな感じでというニュアンスでしか二重ができないので、通常ポセンシアクリニックで行っているような1㎜以下の刻みでの精密なデザインができないのです。
それでもすぐ社会復帰をしたいので、同時にやって欲しいとのことでした。

クイックコスメティークの抜糸はまぶたの表面から抜糸を行うクリニックが多いですが、ポセンシアクリニックではまぶたの裏側から行うので技術的に難しく、時間もかかるので術後1ヶ月未満の場合1本44,000円(術後1ヶ月以降1本66,000円)いただいています。

今回はクイックコスメティーク・ダブルとのことで両側で合計4本入っているので、176,000円の費用になります。

それに埋没法の費用が加わるので、私は比較的手術費用の安い15万円のプレミアム埋没法をお勧めしましたが、腫れを少なくしたいのでと患者様はプレミアムシークレット埋没法シングルをご希望されました。

自分は腫れが少なくなるように、前回もシングルで希望したのにダブルにされてしまったと患者様は怒っておられましたが、当院ではリスクを説明した上で患者様に好きな手術を選んでいただいています。
この患者様の場合、確かにシングルだとまぶたが厚いのではずれやすくなりますが、ダブルより腫れが少なくなるのも事実です。
私は、はずれやすくなることをしっかりとお伝えした上で腫れが少なくなるのでシングルで行うことをお伝えしました。

当院のプレミアムシークレット埋没法シングルの手術費用は23万円です。
患者様に費用面で大丈夫ですかとお聞きしましたが、患者様はお祖母様を頼っておられ、必ず働いて返すのでお金を出して欲しいとお祖母様に懇願されていました。

お祖母様は、え~っという感じでしたが、かわいい孫のためには仕方ないと腹をくくられました。
きっとお金を返してもらおうとも思っておられないと思います。
ただ、お金を出して納得のいく結果になるのかどうかをとても心配されていました。
「今より絶対良くなりますので、信じて下さい」
というよりありませんでした。

手術は無事終わりました。
患者様も涙を流して喜んでおられましたし、お祖母様もとても喜んでおられました。
急に力が抜けてきたとおっしゃっておられました。
孫は悩んでご飯を食べなくなって痩せてきたし、私は前回の手術も賛成したので娘(患者様のお母様)をはじめ、家族じゅうからなぜ賛成したのだと責められるし(かわいい孫のために分からないまま応援されていただけだと思います)、先生のおかげで助かりましたとおっしゃっていただきました。

目白駅前に美味しい食べ物屋さんがいくつもありますので、何か食べて帰って下さいねとお伝えすると、そうなんです、孫とも急にお腹が減ってきたねと言ってたところなんですとおっしゃっておられました。

前回の埋没法がうまいかなかったのは残念なことですが、私にとっては温かい家族愛を感じたひとときでした。

カテゴリー: ,

 

 

 

 

 

 

 

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック

ポセンシアクリニック